紋付袴をレンタルする際に気をつけたいこと

紋付袴は、結婚式で新郎が着用する他にも新郎新婦の父親が着用したり、仲人や兄弟が着るということもあります。それ以外にも、叙勲や各種パーティー、表彰などのかしこまったシーンでも着用されることもあり、子供さんの七五三やお宮参りでもお父さんやおじいちゃんが着るということもあるものです。人生で大切な日には男性人とって紋付袴スタイルは欠かせないものですが、着るシーンが少ないことからレンタルで多く利用されています。紋付袴のレンタルは、呉服店や貸衣装店など多くの店舗で貸し出しがされているのですが、気軽に利用ができる一方で注意しておかなければならないこともあります。シーンに合ったものを選んで自分のサイズに合わせ、万が一紋付袴にダメージを与えてしまった時の保険のことも理解してから利用するようにしましょう。

レンタルの際にチェックしておきたいこと

着物は洋服のような細かなサイズ設定がされておらず、着付けによって多少の体型補正が可能になっています。そのために、比較的サイズ探しで迷うこともないのですが、特別な体型をしている人であれば貸し出しをしているものがないということもあるので事前にチェックが必要です。背が高い人になれば着丈が足りないというのはみっともないスタイルになってしまうものであり、太っている人であっても着物の反物幅が決まっているので特注品でなければ作られていません。レンタル店によっては取扱がないこともあり、取扱店では人気となって先に他の人の予約が入っていることもあるので早めに探し始めるといいでしょう。また、シーンによっても年齢によってもベストな紋付袴の選択は違ってきます。とくに、袴は年齢を重ねた人になれば縞の細いものを選ぶようにしましょう。

保険がついているかどうかもチェック

紋付袴のレンタルは、必要な日数で借りることができてリーズナブルな料金であることから気軽な気持ちで借りてしまいがちです。しかし、紋付袴はもともと高級品であるということを認識して着用する必要があります。紋付袴を着る時には、食事をしたり外を歩くということもあります。そんな時に、飲食物をこぼしてしまったり袴に泥が跳ねてしまったということもよくあることです。紋付袴レンタルでは、クリーニング代も含めた料金になっているので多少の汚れであれば落とすことができますが、クリーニングをしても落ちないようなひどい汚れを付けてしまったり、生地そのものを傷つけてしまった場合には高額な料金を弁償することにもなってしまいます。万が一に備えた着物保険は重要であり、レンタルセットに含まれていることも多いのですが、別料金であってもつけておけば安心です。

2018年5月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031