デザインいろいろ紋付袴のレンタルの今

紋付袴というと和服の中では男性の第一礼装として知られています。しかし、あまり馴染みがないという方も多いのではないでしょうか。最近では、男性も女性も和服を日常的に身に着けることは少なくなりました。洋服の方が着るのははるかに簡単ですし、住宅事情の変化もあって和服を収納しておく箪笥を持っていないという家庭も多くなっています。しかし、振袖や留袖、訪問着、紋付袴といった和服は、結婚式や卒業式、成人式といったフォーマルな場では今でも目にすることが多い装いです。やはり、和服は日本の伝統的な衣装ですから、格式を重んじる場で着用するには最適です。また、身に着けるだけで改まった気持ちになるという人も多いものです。日本人の体型にも合っているのでよく似合います。

紋付袴にはどんな種類があるのか

一口に紋付袴といってもいろいろなデザインがあります。オーソドックスな黒紋付は、結婚式の際の新郎やその親族が身に着けることが多く、幅広い年齢の人に好まれています。成人式のような若い世代が多い場であれば、黒や白、グレーといった色に加えて、紫や紺、水色、赤、ピンク、からし色、山吹色といったカラフルな色の羽織があります。柄もシンプルな無地のものからぼかしの入ったもの、鶴や龍があしらわれているデザインのものなど種類が豊富です。最近では洋のテイストを取り入れたモダンなデザインのものも生まれています。袴も同様で、縞柄や亀甲紋柄などの定番な柄やオリジナルの柄など豊富なデザインがそろっています。羽織や袴だけでなく、帯のデザインも豊富です。それから、絽という薄く透き通った素材でつくられた夏用の紋付袴もあり、暑い日でも涼しく重宝されています。

レンタルなら購入するより大分安くすみます

成人式や卒業式、結婚式に紋付袴を着てみたいけど、それ以外には着る機会があまりないという人にはレンタルがおすすめです。紋付袴を一式あつらえるには高額な費用がかかってしまうのは覚悟しなければなりませんが、レンタルであれば購入するよりも大分安くすみます。それに、豊富なデザインの中から選ぶことができるのもメリットです。着用する季節や自分に合ったサイズを選ぶこともできます。襦袢や草履といった小物も一式ついてくるので、それ以外に用意するものもありません。それに、和服を購入すると収納に適した箪笥や衣裳ケースなども用意しなければなりませんし、お手入れも大変です。クリーニングしたり、虫干ししたりと何かと手間がかかってしまいますが、レンタルならその心配はしなくてすみます。

2018年5月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031